日々の暮らしや好きなもの
2月レッスン(少しのイースト)

p

 

 

2月パン教室は、ブリオッシュでした。

冬に作りたくなる、、バターの香りが漂うリッチなパン。


クラムはぱさつかず、しっとりした弾力

口に入れるとじゅわっと溶けるようなかんじ。

クラストの皮は、しっかりと焼きこんでサクッと。
バターの香ばしい甘みが感じられるようにしています


レッスン試食は、こちらのマトファー16センチパウンド型で。
お持ち帰りは、パニムール木型で焼き上げました。



今回のブリオッシュのようなリッチな配合は
バターや卵の入る量も多いので、材料にこだわって作っています。

 

p

 

島根県奥出雲の自然放牧 木次牛乳

平飼いの卵

発酵バター

洗双糖 など。

材料にこだわると、また少し味わいが変わったりします。


生地の美味しさを味わっていただきたいので
今回は何もいれずにプレーンで

 

p

 

ふわっとバターのいい香り。

まわりは、さっくり、中はしっとり。

発酵バターは、しっかり焼いていくパンやお菓子にあうなぁと作るたび思います。



 

 

ランチには熱々のグラタンを・・

 

p

真たらとじゃがいも、長ネギのグラタン

サラダはさっぱりと。


冬野菜のコールスロー・塩ゆずを使ったドレッシング

カリフラワーと蓮根のカレーピクルス

お召し上がりいただきました。

 

 

p

 

 

 

そして、今回のブリオッシュ生地では卵黄を使うので卵白が余ります。

毎回聞かれるこの質問
「卵白、何に使ったらいいですか?」


今回は、卵白2個で簡単に作れる「ダックワーズ」をご紹介。

 

p

 

生地を作ってしぼるだけ。

家ですぐ作れそう〜って思っていただけるのが狙いです^^

そのままやジャムをつけても。

デザートでは、キャラメルプラリネクリームをサンドして。

 

焼きたてが冷めた頃のシャクっとした表面を感じられるのは
手づくりならでは。
こちらもぜひ焼いてみてくださいね^^
 

 

 

「ブリオッシュ」

毎日食べるタイプのパンではないけれど
冬が来るたび、時々焼いていただけると嬉しいです。

バターが香る皮サクッと中しっとりのバランス

艶のある美味しい生地で少し贅沢な朝をお過ごしください^^




2月も寒い中
たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しのイーストレッスン comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>